引越し費用を抑えるための複数業者見積もり

 

引越し費用を抑えたいなら複数の業者から見積もりを取ろう

意外に違う引越しの見積り

引越しに慣れていない人では、引越しに関わる様々な手続きなどで、とても引越し業者を選ぶところまでは余裕がない、という人も多いのではないでしょうか。引越しを業者にお願いするにしても、テレビでよく聞く大手の引越し業者か、インターネットでサッと検索して適当に選んでしまうこともあるでしょう。ところが、意外と引越しの値段というのはそれぞれの業者で違っているものなんです。
実は引越し業者にも、引越しがしやすい物件と、そうでない物件があるので、特に特殊な事情を抱えているようなケースでは、慎重に引越し業者を検討する必要があるのです。

 

高層マンションへの引越し

引越しのしにくい物件の一つに高層マンションがあります。特に10階以上のマンションについては、最初から契約をしない(メニューにない)業者もあります。取り扱いをしている業者でも、特別に料金を設定しているのがほとんどです。
高層マンションでは独自の技術、非常階段からの搬入や、エレベーターを使っての搬入などでのマスキング(壁などに傷をつけないように)の設定が必要で、それが料金が高くなる要因の一つです。ここではあまり見積りの差は出ないと思いますが、引越し先での隣近所への挨拶をあらかじめやってくれるサービスが付加されている業者もあります。もちろん、引越し先での挨拶は自分でやっておく必要はありますが、お隣への印象は随分違うでしょう。

 

一人暮らしの引越し

一人暮らしの引越しも、業者によって見積りが違ってくるものの一つです。一人暮らしの引越しは、専用コンテナを(かご)用意し、それに詰め込んで運んでいくというもので、他の荷物と同じに運んでいくため、料金も安く設定されています。ところで、このコンテナの大きさは、業者によって微妙にサイズが違っています。冷蔵庫やタンスなど、大きさによってはコンテナには収まらないことも考えられます。
このようなことから、引越しにあたっては複数の業者から見積りをとり、慎重に検討する必要があります。